治ったら何もしなくていいわけがない!ニキビケアは継続して行うべき

ニキビケアで大事なこと

ニキビに悩まされている人が数多くいます。

 

ニキビには大まかに二つの種類があります。

 

10代の時にできる思春期ニキビ、そして20代以降にできてしまう大人ニキビです。

 

ニキビに悩まされるとニキビを改善するために、ニキビケアをしていく必要があります。

 

10代でできる思春期ニキビの原因は、成長ホルモンにより皮脂が過剰分泌されることにあります。

 

その思春期ニキビケア対策としては、泡タイプの洗顔料でやさしく洗顔することです。

 

私もニキビでメンズビオレによくお世話になりました。

 

無理なダイエットなどでも思春期ニキビができてしまうことがあるので、野菜を中心とした栄養のあるものを多く食べると良いです。

 

そして大人ニキビですが、ストレスなどによりホルモンバランスが乱れるなどしてできる場合があります。

 

特に30代以上の大人ニキビとなると、肌の水分レベルを維持しながら余計な油分を排除しなくてはならないため、ニキビケアをするのにも大変です。

 

ニキビケアでしてはいけないことがあります。

 

それは当たり前のことですが、ニキビを潰すことです。

 

ニキビを潰してしまうと細菌が入りやすくなり余計に悪化します。

 

そして間違った化粧品を使ったり、過剰な洗顔などによっても悪化してしまうことがあるので注意しなくてはなりません。

 

その人にあった正しいニキビケアをすることが大事です。

 

ニキビケア化粧品ルナメアAC効果と口コミ

ニキビ薬品だけに頼らないニキビケア方法

 

ニキビは、放っておけばそれだけ完治させるのに時間がかかり、酷くなることもありますが、ニキビ薬品を使っているからと油断している方も居られるかもしれません。

 

またニキビ薬品だけに頼らず、普段からできることもあります。

 

思春期のニキビとは、そもそも皮脂分泌が増えて脂っぽくなりニキビ菌、角柱、皮脂腺肥大などが関係してきます。

 

大人ニキビでは、乾燥してカサつき、角柱、ニキビ菌が考えられ不規則な食生活に睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、ホルモンバランスが挙げられます。

 

ニキビケアに必要なことは、洗顔料で丁寧に洗うことがありますが、ベタベタや脂っぽい、テカってしまっていると皮脂で一杯になっているので、しっかりと脂を落としておかなければニキビの原因になります。

 

また潤いが不足すると、乾燥によりお肌が皮脂を分泌して守ろうとしますが、過剰に分泌するとやはりニキビになります。

 

ニキビケアでやってはいけないことは、いくつかありますが、ニキビをいじって手に付いた雑菌が悪化させる原因にもなります。

 

食べ物に関しては、油っぽい物や、お菓子など控えめにしてインスタントや加工食品よりもビタミンC、B2、E、食物繊維豊富な栄養素をバランスを考えながら摂取することが大事です。

 

またこの他にできることに枕カバーを清潔に保ち、メイクはしっかりと落とす、朝と夜の洗顔はちゃんとしてゴシゴシ洗うのではなくフワフワ泡で優しく洗うことです。

ニキビケアの効果的な方法について

 

誰もが一度は悩む経験があるのがニキビケアです。

 

ニキビは思春期だけにできるものではなく、実は大人になってからも出ます。

 

いわゆる大人ニキビと言われるものですが、思春期のニキビとは違うケアが必要になります。

 

まず大人ニキビの特徴は、思春期ニキビの赤くはれるニキビとは違い、白いニキビの場合もあります。

 

また一度できると治りにくいのも特徴の一つです。

 

大人ニキビの原因としては、カロリーの高い食事やお菓子の食べ過ぎもありますが、他にもストレスや疲労、睡眠不足も原因の一つです。

 

特に口周りにできるニキビは胃腸の疲れや不調を現わしています。大人になれば職場での飲み会や、仕事での疲労もあります。

 

そういった生活習慣が原因となって大人ニキビができることも少なくありません。

 

それでは大人ニキビができた時のニキビケアについてですが、まずはニキビができたところを清潔に洗います。

 

ゴシゴシこするのではなく、優しく洗うのがポイントです。

 

この時に爪で引っ掻かないように気をつけます。

 

そして洗ったあとはきちんと保湿します。

 

結局ケアの方法は思春期ニキビと同じです。

 

しかし大人ニキビの場合は、それプラス休養や不足している栄養素をサプリで補ったりすることが効果的です。

ニキビケアも皮膚科に行くべきです。

 

ニキビケアは自分でするものだと思って過ごしてきました。

 

その間違ったケアのせいで、ニキビ跡がくっきり残ってしまい、やはりニキビくらいでと思わず、お医者さんに行って相談するべきだと思っています。

 

ニキビが酷いので相談に行くと、朝と晩と違う薬を塗るように言われ、少しでも改善できるようにビタミンBの一日4錠飲むように処方されました。

 

きちんと処方されたお薬で治療しながら日々のケアはきちんと家で、というのがニキビケアの基本です。

 

洗顔は何よりも大事だと言われたので、きちんと汚れを落とすように、刺激もあまり良くないとのことなので、使ってみてピリピリしないニキビ用の洗顔料をしっかり泡立てて使っています。

 

とにかく角質を落としたくてゴシゴシしてしまいがちですが、かえって肌を刺激するとのことで優しく洗うようにしています。

 

またニキビが出来るからと言って脂を取り過ぎると乾燥によるニキビを作る原因にもなるそうなので、朝と晩の2回の洗顔で良いとのことでした。

 

その後、しっかりと保湿して、べたつかないニキビ用の乳液を塗っておしまいです。

 

その後、処方された薬を塗るのですが、このケアで数か月前よりもだいぶ肌の調子が良くなりました。

 

ニキビのないツルツルの肌を目指して、焦らずにお手入れしていこうと思っています。